上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
今日も、廃校を利用したアート系ワークショップのお手伝いに行ってきました。
赤ちゃんから小学校低学年の子供たちと、保護者の方々が参加するプログラムです。


今回は、舞踏家の女性お2人と、アコースティックギターの男性お2人が、子供たちの為に絵本を読んでくれます。
フツウの「読み聞かせ」とは全然違いました


絵本の内容に合わせて即興でギタリストがメロディーを奏で、舞踏家さんが踊りながら読んでくれるのです。


踊りには子供も大人も参加して、「絵本の会」なのに汗だく
笑いの絶えない素晴らしい1日になりました


私の「ボランティア」という立場は、良いとこ取りです。
保護者の方や幼稚園の先生の様に、たまに「子供が嫌がる事(躾の為に)」を言わなければいけない立場ではなく、一緒にただただ楽しめるのです。
(子供が余りにも危ない事をしていれば、限度もありますが。)


このNPOさんのご担当者さんは私の就活相談にまで乗って下さって、話しやすく気さくで、参加するのが本当に楽しいグループです。


そして今日の帰り際、舞踏家さんのお1人が素敵な事をおっしゃっていました。
「ワークショップを始めた当初は上手くやらなきゃと思っていた所があったけど、続けて行く内に楽しめる様になって来た。」


あんなに堂々と沢山の人の前で笑顔を振りまいていたプロの舞踏家さんも、悩みながら始まったんだなあと、何だかしみじみしてしまいました。
初めから上手く行かなくても良いんだよね。

 
テーマ * アート ジャンル * 学問・文化・芸術

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 残像雑記帳, all rights reserved.

亜理沙

Author:亜理沙

日記 (705)
今日の良かった事 (33)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

このブログをリンクに追加する

QRコード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。